渋谷で脱毛するのは気が引ける。

自分は横浜に住んでいるので、渋谷もそんなに遠くはなく、電車で1時間以内に行く事が出来る。

若い頃は良く遊びに行き、買い物やアルバイト、仕事などで頻繁に使った街だ。

遊びに行って、何がどう良かったのかは印象に残っていないが、とにかく行けば何でもあるし、揃うし、楽しめるだろう、という感覚だった。

最近はわざわざ渋谷に行く用事がないので、全く足を運ばなくなった。

最後に渋谷の「109」に足を運んだのは30才目前の年。

なんとなく入ってみたのだが、もう自分にの世代に合う店というか、建物媒体ではないと目の当たりに痛感したのを思い出す。

渋谷というと、年齢層の若い「若者が集う街」というイメージがついていて、もう自分にはメリットも必要もない街の様な気さえする。

横浜とか銀座の方が、街を歩いていて落ち着くのだ。

夏になると脱毛しにサロンに行きたい、と毎年思うが、渋谷の街をわざわざ選んで脱毛サロンに行く気にはならない。

街の利用層からいって、サロンの利用客も若い子が多そうだからだ。

そこに混じって脱毛の施術を利用するのは気後れする。

街がら、サロンも沢山ありそうで、施術技術や値段も選びきれない位ありそうだ。

さらに情報が欲しければコチラへ→http://www.rubellesmoon.com/

だったら自分の年代の世代をターゲットにした街で、自分にあったサロンとサービスで、ゆったりと落ち着いた雰囲気で脱毛に通う方が気持ちも気分もゆったりと利用できる気がする。